スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 富士サマーキャンプ 観戦レポート                           (出発~スタート)編

いや~ぁ!!疲れました。
選手として走ったわけでは無いのですが
会場の気温は40℃を超え、芝生の照り返も強く
その中で一日居たせいか知らないうちにかなり疲労したようです。
帰宅したら少しだけでも報告しようと思って居たのですが・・・
お風呂に入ったらそのままベットで寝てしまいました。
今日まで報告が遅れてすみませんでした。

サポート宣言!!しておきながら、運転はして貰うは、目的地と逆方向の我が家まで迎えに来ていただくはで、体力を消耗させてしまいました。本当にゴメンなさい。

圏央道八王子西から一路、中央高速須走へ向けて予定通り4時に出発
(実は寝坊してなかのさんに起こしていただいたんですが・・・)
渋滞も無く6時過ぎには会場入り口到着・・・8時の開場迄にはまだ時間があるので
必要なものを購入する為、途中に有ったコンビにまで一度戻ることに・・・

タイムテーブルでは会場開門が8時、レーススタートが10時と、2時間の間にピット設営、エントリー手続きとかなりタイトなスケジュールだったので少し速めに会場入りが出来てラッキーでした。
このテントは今回の為になかのさんが購入して下さった物で、4mx4mもあるビックサイズなんですよ!!
で完成するとこんな感じです。↓
P1030107_convert_20080806111714.jpg



締め切り時間が迫っていたのでお二人には急いでエントリー手続きに行って頂きました。
何しろ、これを済ませないとただの24時間BBQになってしまいますから・・・・(笑)

試走後、前後サスの微調整を入念に行うなかの氏
大滝100キロをはじめ、今までの豊富なレース経験がこの瞬間に生きています。
P1030112_convert_20080805141354.jpg



KATO氏もハードテールに合ったベストセッティングを探されていました。
P1030113_convert_20080805142620.jpg

ゼッケンを付け終わり、いよいよ戦闘モードです。
ヨッシャ~ァ!!って聞こえてきそうです。
P1030114_convert_20080805140333.jpg

開会式で招待選手の一人、tame cannondale you canの「山本 和弘」選手からの素敵なメッセージで大会が始まりました。当たり前ですが、無駄の無い体系です。
P1030115_convert_20080805144411.jpg

いよいよスタート時刻の10時が近づいて来ました。

レース編につづく




スポンサーサイト
コメント

こんばんはkomezouです!

こんばんは。
日曜日はお会い出来て嬉しかったです!
暑さの中でのサポート大変だった事でしょう。
早速ですが、リンクさせて頂きました。
これからもよろしくお願いします。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2008サマーキャンプMTB24h耐久参戦レポート・・・1

今回の2008サマーキャンプ24時間耐久で、3.5kmのコースを12周(約42km)走って来ました。  それだけ~?っと思われるかも知れませんが、仕事で遅くなったり十分睡眠が取れていなかったり、事故後の膝と腰の痛みはまだ全快ではなく、チームとしても楽しむ事が前提だった為...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。