スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 サイクル・モード レポートPart 2

さて続きを・・・・

 「キャノンデール」のブースを見ていると、
YOSHIDAXさんから「試乗が終わりました!」の連絡が・・
試乗待ちではお一人だったので、奥様もご一緒だったので少しビックリしました。
奥様にお会いして・・・現在自転車を休止されている理由が分かりました。
凄く楽しみですね。無事、元気な赤ちゃんをご出産なさってくださいね。・・・

楽しく20分ほど談笑しお互い今日の目的、自転車見学再開です・・・

当初の目的を意外と早く済ませる事が出来たので、場内を一周してみる事に・・・

パーツブースも多く出展されていたので、ハンドルとシートを検討してみることに
先ず「ハンドル」から
購入当初からの悩みで「下りでのブレーキング操作が辛い」問題解消の為
ハンドルの品定め当初は手の長さの問題と考えていたのですがハンドル形状に
問題が有る可能性が出て来たのでそれを見極めるのが目的でした。
訪れたのが「シマノ臨海」と言うブースです。

ここでこのハンドルを紹介されました。
ショートリーチ ハンドル
説明文
小柄な女性にもSTIレバーに届くようにデザインされているようです。
お値段も7千円ほどなので検討のしています。

続いて「シート」
1回の走行距離が百キロ程度ではお尻に痛みはそれ程感じないのですがパット付きのレーサーパンツを履くと痛みを感じる時が有るので好みの物で試し漕ぎが出来るので幾つか座らせていただきました。その中の一つです。
シート
このシートはゲル入りで良い感じだったのですが、後から思えばレーパンでは無くGパンだったので
良く思えたのかも、実際にレパンで座ったら柔らか過ぎてお尻がズレるかな!?って思いました。
やっぱり最初のレーシング系の方が有っていたのかも?残念画像は撮り損ねました。

特に目的も無く歩いていたら見覚えのあるデザインが飛び込んで来ました・・・
YOU CAN ジャージ
残念ながら YOU CANさんのブースではありませんでした。残念!!

で、次は あの二代目「自転車名人」の鶴見辰吾さんのブースです。
鶴見 辰吾さん

先日、ブログで紹介されていた「そうちゃん募金」の報告も兼ねてお邪魔して来ました。
お顔を拝見するのは今年6月に行われたMt富士 ヒルクライム以来です。
初めてお話しをさせていただいたのですがTVで拝見する以上に素適な方でした。
そうちゃんの手術が無事成功する事を願っています。ガンバレそうちゃん!!!

次のブースに移動しようとしたら連絡があり、ゆきちさん達と合流
皆で歩いているとMINOURAのブース前に
固定式と三本ローラータイプの室内トレーナーが展示されて皆さん真剣に漕いでおられました。
その中でも、三本ローラーに何人かの方が試されていました。
そこで、
ゆきちさん   「私に試してみませんか!」
私        「え~!難しそうですよ・・・」
ゆきちさん   「大丈夫ですよ・・・」
私        「なら、やってみますか!!」

と言う事で・・・最近バランス感覚が悪くなった気がしていたので自信無かったのですが
体験してみました。他の方のを見ていて漕ぐのではなく、回す感覚を意識するのだポイント
の用に思えていたので心がけてみました。最初は少し振らついたのですが何とか乗れました。

続いて、ゆきちさんも挑戦してみました。そちらは動画でどーぞ!!


最初は私と同じで視線が足元を見ていて自転車が安定していませんでしたが、
係りの方の「前方を見てください」のアドバイスで振れがピタリと止まりケイデンス120位まで
回していたように感じました。流石に乗れてる方は違いますね。


バランス感覚の練習はこの位にして会場に来てから気になっていた小径車(折りたたみ)を見て回る事に、既に少しみておられたのですがお付き合いして頂きました。

沢山の出展車両がありましたがその中で幾つか紹介させていただきます。
連結画像-1

上の画像が使用時で、下の画像が折りたたんだ状態です。

次はBROMPTONと言う自転車です。
折りたたむ手順を撮るのに夢中で使用時の写真撮り忘れちゃいました。
ご愛嬌と言う事でご勘弁下さい。

先ずはキャリアを下に向けて折ります。
BROMPTON 折りたたみ 1

次は、アッパーチュブを折りたたみます。
BROMPTON 折りたたみ 2

次は、ハンドルをたたみます。
BROMPTON折りたたみ 3

次は、サドルを下げます。
BROMPTON折りたたみ 4

そして、最後にフロントバッグを元に戻して完成です。
BROMPTON折りたたみ 5

最近本当に簡単にたためるように工夫されていますよね。
後は乗り心地と重要な安定性ですかね。

まーざっとでしたがご紹介させていただきました。

今後も健康増進効果が高い自転車ブームが続く事を願ってレポートを終わります。

最後までお付き合いありがとうございました。

スポンサーサイト
コメント

お恥ずかしい

8MAMさん今晩は。
ハンドルにサドルとこまめに研究してますね、サドルはお尻の形が人それぞれなので何とも言えませんが、ハンドルはレバーが近いのは勿論のことトップがフラットでブラケットがハンドルと平行に付く物が良いと思いますよ、私の場合フラットトップにしたら手の痺れが以前より少なくなりましたし、ブラケットが平行になった事でポジションが楽になり今までより長く走れる様になりました。

いや~3本ローラー初体験最初は怖いけど乗れて来ると楽しいですね、家が3本ローラーを使える環境だったら
現状略メンテナンススタンドと化している固定ローラーを売っぱらって買いたいくらいです。

初めてのロードバイクだったこともありこんなにブレーキって辛いものなんだ!!
って半ば諦めていたんですが、なかのさんのブログでハンドルを交換したら
自転車に乗るのが「楽しくなりました」と言うコメントを読んでから
自分もハンドルを替えれば乗り易くなると思いズーット探していたのですが決まらず
今回の展示会でその辺のところの結論出したいと思ってました。
結論的には、シャロータイプでなくてもアナトミックタイプの物でもレバー距離を近く出来る
事を知り、今回、画像で紹介した物がデザイン的にも気に入りました。

後は、ハンドル幅とステムの長さを変更する必要があるか確認する事ですね。

固定式タイプを経験した事無いので比較は出来ませんがローラータイプの方が乗っているリアル感が有って難しいですが面白くは感じました。でもスペースの問題とかも有るので実用的に考えると固定式でしょうかね。

サイクルモード行かれたんですね、Part1の記事では次期マシンも物色されてたようで…
先の週末は仕事だったのですが、自分はこういうイベントに行ってしまうと物欲が抑制出来なくなってしまいそうです。

レバーが遠いだけなら、ブラケットとレバーの間に挟んでレバー位置を近くするシムのようなモノがシマノから出てませんでしたっけ?ハンドル形状が不満だとどうしようもないですが・・・

NEWマシーン欲しいです。

何も知らないで始めた自転車だったんですが少しずつ分かって来はじめると上級モデルに乗ってみたくなる今日この頃です。
特にフルサスに興味がアリアリですね。

物欲を抑えられないタイプなんですか!!
自分もこれが欲しいと思うと抑えられないタイプかな!?
でも、今のところ、これが!!って物が決め切れていないのが良いのか、悪いのか・・・
何とか抑えられています。(笑)

レバーの件ですが、スぺーサーの事は知っていました。
で今回の「臨海シマノ」の説明ではあのスぺーサーはショートリーチ使用のSTIレバー用に出されていてそれ以外のレバーでは効果が低いそうです。

なので一度現在のパーツで微調整してもポジションに改善が見られない時はハンドルの交換しかなさそうです。

はちみつさんのお仲間で同じ悩みを持たれている方おられませんか・・
もしお持ちでしたら、どの様に改善されたのかお話伺わせて下さい。
参考資料等がございましたら掲示板「走る仲間のひろば」をご利用下さい。

情報お待ちしています。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。